人は人、自分は自分と分けて認識すること

人は人、自分は自分、と、割りきって考えることができるようになれば、自分の人生が楽になることが多いです。他人は、自分の考え方や、感じ方、ものの捉え方とは違うのだから、当然、言うことも違うし、やることも違ってくるのだと思うことができればよいのです。

世間体を気にしすぎ、外面(そとづら)を気にしすぎ

他人に精神的支配を受けながら、苦しい生き方をしている人が多いですね。過度に他人に支配されることなく、「人は人。自分は自分」と唱えて、堂々と我が道を進んで下さい。自分の人生を生きて下さい。誰かの意向に沿った道を選んだために、自分が望まない結果になってしまった時、あなたを意向に従わせた本人は、なにも責任を取ってくれません。例え、責任を取ってあげたいと思ってくれる人だったとしても、時間を巻き戻してやり直させてはくれないのですから。

他者と自分との境界線を適切に引いて分ける

「私は、誰にもなんの相談もせずに全て決めるんです。他人が何か言ってくれても、結局は自分がやりたいようにしかしないので、それならば、初めから他人には相談しないのです。全て事後報告です。」と言う人なら、自分と他人の線引きがビシッとできていて、「全て自己責任です」と宣言しているようなもの、肝が座っていますね。気が強いというよりも、我が強い傾向にはあるかもしれませんが、そういう人は、周囲の人びとや、関係ある人びとに対して、思いやりを常に発揮するように気をつければよいだけです。苦労や不幸があったとしても、明るく前向きな気持ちで乗り越えていくことができますね。

あわせて読みたい関連記事:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする