プロゲステロンの働き

女性のPMSや、更年期障害の場合、レディースクリニックではホルモン療法を使用することが最近の流れです。低用量ピルにしても、ホルモン補充療法の処方薬にしても、それらの薬剤はすべて、人工的に合成されたホルモンであり、人間の体内にもともと存在している自然のホルモンではありません。

これらの人工的なホルモン剤は、天然ホルモンの化学式をいじって、化学式の一部を変更させて作り出したものです。このような人工的なホルモン剤が現在、日本の医療界では主流となっています。

そして、これらの人工的なホルモンには強い副作用があることがわかっています。その副作用とは、乳がん、子宮がん、脳血栓、自己免疫疾患(リウマチ、膠原病など)の病気がこの人工ホルモンの使用の増加にともないアメリカで激増しました。もちろん日本でも増えています。

アメリカでは更年期障害や女性のさまざまな不調を当初、エストロゲンの不足が原因であると宣伝され、人工ホルモン剤のエストロゲンが使われました。その結果、こうした副作用が増えました。

ところが、本当の原因はプロゲステロンの不足であったのです。プロゲステロンとエストロゲンは200:1というバランスで健常なのですが、PMSや更年期障害の女性ではプロゲステロンが減少しており、相対的なエストロゲン優勢の状態になっているので、それが、PMSや更年期障害の主原因だったことがわかってきました。

そして、天然のプロゲステロンを補充することで、PMSや更年期障害、不妊症の多くも改善することがわかってきたのです。こちらの本を読むと詳しく理解できます。アメリカでは、誰でもドラッグストアで処方箋なしで天然プロゲステロンクリームを入手でき、セルフケアでこれらの不調を治すことができます。

アイハーブというサイトでわたしたちも天然プロゲステロンクリームを購入できます。


最新改訂増補版 医者も知らないホルモン・バランス

あわせて読みたい関連記事:

タイトルとURLをコピーしました