天然プロゲステロンクリーム

ジョン・R・リー博士の「医者も知らないホルモンバランス」を読んで、さっそく、天然プロゲステロンクリームをアイハーブから注文して使ってみました。三十代以降、プロゲステロンの欠乏が始まり、先進国の多くの女性で、プロゲステロン欠乏にともなう相対的なエストロゲン優位の状態が起きているということです。

PMSや更年期障害、そしてうつ状態や不安症、乳がん、子宮がんなどのさまさまな疾患は、このプロゲステロン減少にともなう相対的なエストロゲン過剰が背景にあるということが、「医者も知らないホルモンバランス」の中で説かれています。

天然プロゲステロンクリームで痛みが緩和

実際に天然プロゲステロンクリームを塗ると不足していたプロゲステロンを補充することができ、エストロゲン優位の状態が改善します。その結果として、健康上の不調も改善するということになります。腰痛の症状があったのですが、腰部に天然プロゲステロンクリームを塗っていると痛みが消えました。友人は、肩の痛みがあったので肩にプロゲステロンクリームを塗っていたのですが、肩の痛みが10日ほどの使用でかなり軽減してきています。

認知機能が向上し若返る

このように慢性的な痛みに対する緩和の効果は天然プロゲステロンの特徴の一つです。ジョン・R・リー博士はプロゲステロンを補うことは、あらゆる種類の癌を予防すると述べています。また、認知機能が向上するという効果もあります。高齢の母親に天然プロゲステロンクリームをぬっていると、認知機能が改善し、若返ったように元気になりました。プロゲステロンは脳内に多く分布しており、脳細胞の働きにも重要な役割を果たしているためです。

天然プロゲステロンの安全性

プロゲステロンは男女ともに有益です。しかし、医療界においては合成ホルモン剤を使用することが一般的なので、合成ホルモン剤の副作用も問題になっています。ホルモン補充療法で乳がんや子宮がんが増えたり、脳卒中が増えたりします。ジョン・R・リー博士は、こうした合成ホルモンは人工的に作られた化学物質であり、人体の中で異常な働きをしていると述べています。人体が自然に作るプロゲステロンと同一の化学式をもつ天然プロゲステロンならば、こうした副作用もなく、安全なのです。

あわせて読みたい関連記事:

タイトルとURLをコピーしました