あなたを蝕む愛着障害の脅威

精神科医である岡田尊司先生のご著書はどれも素晴らしい内容ですが、今回、愛着障害に関する決定版ともいえる『死に至る病 あなたを蝕む愛着障害の脅威』が出たのでさっそく読ませていただきました。岡田先生は、東京大学文学部哲学科中退の後、京都大学医学部に入学し、医師となり、小説家としても活動されているドクターです。

ですから、文章が非常にわかりやすく、医療関係者ではない人が読んでも、すっと理解ができ、ポイントがわかり、日常生活の中で実践できることがたくさん学べます。今回の本では、第六章で大人の発達障害にひそむ愛着障害の問題を詳しく解き明かし、第七章では、愛着障害を癒し、治癒に至らしめるための方策が具体的に述べられています。本書が、広く知られて、一人でも多くの子を持つ親や、あらゆる教師や医療関係者に読んでもらえるようになり、家庭そして社会全体が改善されて、愛着障害に苦しむ人が救済されるように願っています。


死に至る病 あなたを蝕む愛着障害の脅威

あわせて読みたい関連記事:

タイトルとURLをコピーしました