科学に基づかない「コロナうそ」の氾濫

上久保靖彦教授が、日本国民はすでにコロナに対する集団免疫を完成しているという研究を発表しました。上久保説を理解すれば、日本国内の死者数が欧米諸国より圧倒的に少なく、いまだに二千人を超えていないことが納得できます。

無責任なマスコミは、コロナ過をあおり、自粛の結果、倒産、自殺者を増やしている状態です。上久保靖彦教授は、京都大学大学院医学研究科特定教授として活躍中の医師ですが、この本の中で小川榮太郎氏との対談という形で、日本がすでに集団免疫を獲得していて、これ以上の自粛は必要ないことをとてもわかりやすく説明してくれています。上久保理論では、中国ですでにコロナが終息している理由もわかります。


新型コロナ

あわせて読みたい関連記事:

タイトルとURLをコピーしました