引き寄せの法則の問題点を解決する方法

久保征章医師の新刊『魂の黄金法則』が出ました。引き寄せの法則を少し学んだ人にありがちなのが何でも自分のパワーで引き寄せているんだとの錯覚です。ちょっと実践してうまくいくと、そんな気持ちになるのは わからないでもないですが、このような感覚でいると、早晩、効果が出なくなります。

それは、その人の心が慢心しているからです。物事が成就するとき、そこには必ず、周囲の協力があります。関係する人々の応援があります。自分の力で何でも引き寄せるんだと思っている人は、周囲の人々への感謝の念を失っていくので、周囲の人は次第にその傲慢なところを忌み嫌うようになります。
「あなたが引き寄せたというのなら、次回から一人でやれば?」 ということになるのです。そして、これは目に見えない世界でも起こります。 物事の成功の裏には、 人々の応援のほかに、目に見えない世界の応援もあるからです。 前世療法の中で魂のガイドと呼ばれる存在に会い、アドバイスを受けた方なら実感されていることですが、私たちは自力で何かをなそうとしているときにも、必ず背後の目に見えない存在の応援を受けているものなのです。
こうした守護霊などの応援に日々、感謝し、謙虚に努力をして、守護霊と二人三脚で歩んでいる気持ちの人には、加護と応援がよどみなく降り注ぐものです。
しかし、守護してくれる存在への感謝もなく、人間様への感謝もなく、己が引き寄せたんだとばかりに慢心していることで、これらの他力の協力がストップしてしまうのです。 感謝を忘れ、慢心することは自滅への道であり、 引き寄せの力を失ってしまう原因です。 幸運を引き寄せられない人になってしまうのです。

ふだんから、すでにこのような状態にある人は、愚痴や不満、悪口、文句などが多いはずです。 自分にその傾向があるなと感じる人はいますぐ、 軌道修正をしていきましょう。


『魂の黄金法則~あなたの人生を好転させる積善の秘密』

あわせて読みたい関連記事:

タイトルとURLをコピーしました